大手不動産に負けない理由

  • TOP
  • 大手不動産に負けない理由

地域密着だから「ひかるホーム」には大手不動産会社に負けない魅力があります

横浜市港北区の不動産会社「ひかるホーム」は、これまでも地元密着でさまざまな不動産取引を手がけてまいりました。地域の民生委員も担う代表は、お客様から寄せられるお困りごとに誠実かつ真摯に向き合い、一つひとつのご相談に対しじっくりと丁寧に対処してまいります。ここでは、小さいながらも地元密着だからこそメリット・デメリットをご説明します。

不動産売却を任せる不動産会社を選ぶなら「大手」と「地域密着型」のどちら?

不動産売却を任せる不動産会社を選ぶなら「大手」と「地域密着型」のどちら?

不動産を売却する際、不動産会社を通じて市場で買い手を探す「仲介売却」を選択された場合、売却活動を任せる不動産会社を選ぶ必要が出てきます。

不動産売却を任せる不動産会社を選ぶなら「大手」と「地域密着型」のどちら?

不動産会社といっても、テレビCMや各種メディアでの広告、看板などでよく目にするような大手不動産会社から、地元密着の中小規模の不動産会社までさまざまな規模の企業があります。それぞれに特徴がありますので、売却したい物件や売り主様の事情などに合った不動産会社を選ぶようにしたいものです。ここでは、それぞれの特徴と、メリット・デメリットを見ていきましょう。

他店舗型の大手不動産会社

他店舗型の大手不動産会社

大手不動産会社の一番のメリットは、知名度があることで、購入希望者が集まりやすいということがあげられます。大手の方が取り扱っている物件が豊富にあるため、不動産を購入したい方は、まず大手不動産会社に物件情報を探しに行きます。大手志向は、若い購入希望者に強いようです。

他店舗型の大手不動産会社

一方、大手のデメリットは、営業マンに課せられたノルマのために、両手仲介(売り主・買い主のいずれとも仲介契約を結ぶことで利益が倍増する)にこだわる傾向があります。つまり、自社で把握できている売り主と買い主をなんとかマッチングさせようとするのです。このことから、売り主に値下げ・値引きを要求される可能性が出てきます。担当者次第ともいえますが、あくまで営業利益を追求する企業と転勤のあるサラリーマン意識が重なると、お客に対してドライな対応になってしまうことも考えられます。

中小規模ながら地域密着型の不動産会社

中小規模ながら地域密着型の不動産会社

中小規模の不動産会社は、大手ほどの知名度はなく取り扱う物件数や情報も少ない傾向にありますが、反面、地元での顧客との信頼関係を大切にしている業者が少なくありません。
一般的に不動産取引は一生に何度もあるものではなく、動く金額も大きいため、売り主・買い主にとっては一大事です。取引での心象は、その後の地元での評判にも影響するため、不動産会社としてもできるだけ客のためになる、親身な対応をしたいと考えています。

中小規模ながら地域密着型の不動産会社

さらに、地域密着型の不動産会社の場合は、地元情報を熟知しており、客の事情に合わせて最適なアドバイスができます。また、少数精鋭で売却も賃貸も並行して手がけていることが多く、総合的に地域の不動産事情に精通している一方で、担当者によってはやり方にこだわりがあったり、得手不得手があったりといったことも否めないでしょう。

大手と中小不動産会社の比較~メリットとデメリット~
  大手不動産会社 中小不動産会社
メリット
  • 顧客(売り主・買い主)が多い
  • 売買を専門的に行っている部署がある
  • 売買のノウハウの蓄積がある
  • 手数料の分割払いや特典がある場合も
  • 地域密着で地元情報を保有している
  • 地域の特色や市場動向を把握している
  • 顧客に対し親身な対応をしてくれる
  • アフターサポートが充実
デメリット
  • 客への対応が比較的ドライになりがち
  • 両手仲介にこだわることで、その他のマッチングチャンスを逃す可能性がある
  • 売り主に値引きを要求する可能性がある
  • 取扱物件数や購入希望者情報が少ない
  • 得意分野とそうでない分野がある
  • 独自の手法にこだわる可能性がある
ご存知でしたか? 不動産情報は大手も中小も同じ“ネットワーク”を活用しています

ご存知でしたか? 不動産情報は大手も中小も同じ“ネットワーク”を活用しています

国内の不動産取引については、不動産会社の規模の大小を問わず、レインズ(REINS)への登録と照会を行っています。レインズ(REINS)とは、不動産流通機構(国土交通省指定機関)が取りまとめている全国の不動産情報を管理するコンピューターネットワークシステム。全国を4つの地域(東日本・中部・近畿・西日本)に分けて、それぞれの地域の不動産情報が登録されています。REINSによって、住まいがどこにあっても、希望する地域の不動産情報を得られるのです。地元で売り主・買い主を探すだけでなく、全国での不動産取引のマッチングが実現するのです。このシステムは、大手不動産会社も、中小不動産会社も平等に利用することができます。

ご存知でしたか? 不動産情報は大手も中小も同じ“ネットワーク”を活用しています

横浜市港北区の不動産会社「ひかるホーム」は、小さいながらも地元密着の不動産会社です。代表は四半世紀に及ぶ不動産業界歴を持ち、港北区近辺には17年ほど住んでいます。また、(公)全国宅地建物取引業協会の地区長を努めた経験もあり、最近の業界の動向についてもしっかりと把握しています。お客様のご事情も考慮してご提案いたしますので、不動産について気になること・お困りごとがあれば、ぜひ一度ご相談ください。