できるだけ高く売りたい方へ~仲介売却~

  • TOP
  • できるだけ高く売りたい方へ~仲介売却~

不動産をできるだけ高値で売却するなら~仲介売却~

不動産を手放すのにはいくつかの方法がありますが、より高値で売れる可能性が高いのが「仲介売却」です。ここでは物件を不動産市場へ売りに出し、買い主(購入希望者)を広く募る「仲介売却」についてご説明します。

横浜市港北区の不動産会社「株式会社ひかるホーム」では、地元密着で仲介売却での不動産取引を数多くお手伝いしてきた実績があります。横浜市・川崎市エリアで不動産を手放したいとお考えの方は、ぜひ一度ご相談ください。

不動産の仲介売却とは?

不動産の仲介売却とは?

仲介売却では、不動産会社が売り主と買い主の間に入り、宣伝活動や交渉、さまざまな手続きをサポートしながら売買契約へと導く売却方法です。

売り主は、不動産会社と媒介契約を結び、売却活動をすべて任せます。不動産会は各種メディアへ広告・宣伝を展開したり、REINS(不動産流通ネットワークシステム)へ登録したりといった手法で、市場に広く物件情報を売りに出します。購入希望者が見つかれば、条件交渉や調整も不動産会社が担ってくれます。

仲介売却にもメリット・デメリットがあります
メリット デメリット
  • プロに売却を依頼できて安心
  • 不動産会社の知識・ノウハウを活用できる
  • 相場観のあるプロにアドバイスがもらえる
  • 買い主が見つかるまでに時間がかかる
  • 成功報酬として仲介手数料が発生する

媒介契約の種類について

媒介契約の種類について

媒介契約は、国土交通大臣によって定められた売り主と不動産業者との間で結ぶ売却依頼のための契約です。媒介契約には、「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3つがあります。

3つの媒介契約の違い
  一般媒介契約 専任媒介契約 専属専任媒介契約
契約有効期限 制限なし 3ヶ月以内
契約できる
不動産会社
複数社と契約可 1社のみと契約
自分で見つけた
買い主へ売却
できる できない
依頼主への報告 任意(なくても可) 2週間に1回以上 1週間に1回以上
REINSへの登録 なし(任意登録可) 契約締結から
7営業日以内
契約締結から
5営業日以内
媒介契約を選ぶ考え方

媒介契約を選ぶ考え方

どの媒介契約を結ぶかは、売り主自身が決めることになります。3つの違いは上記の表の通りですが、制約の多い専属専任媒介契約、自由度は高いながら売却完了までに時間がかかる可能性が高い一般媒介契約、そしてその中間の専任媒介契約の中では、専任媒介契約を選ぶ方が多いようです。しかし、売り主様のスケジュール感や事情はそれぞれ異なるため、契約内容の特徴から、最適なものを選ぶことが大切です。

魅力ある物件で買い主がすぐに見つかりそうな場合は「一般媒介契約」

魅力ある物件で買い主がすぐに見つかりそうな場合は「一般媒介契約」

売りに出せばすぐに買い手が見つかりそうな魅力的な物件や、複数の不動産業者へ依頼したい場合は、一般媒介契約がいいでしょう。また、周囲の人に知られることなく不動産を売却したい場合にも、REINS登録義務のない一般媒介契約がおすすめです。

自分で買い主を見つけられそうな方には「専任媒介契約」

自分で買い主を見つけられそうな方には「専任媒介契約」

少しでも自分で買い主を見つけられそうなら、専任媒介契約がおすすめです。レインズの登録義務があるため、広く買い主を募ることができます。また、月に2回は不動産会社での売却活動の報告も受けられるので、確実に売却活動を進めてもらえます。

すべてお任せで売却したい方には「専属専任媒介契約」

すべてお任せで売却したい方には「専属専任媒介契約」

自分で買い主を探すアテも余裕もなく、面倒な交渉や手続きをすべてプロに任せたいという場合には、専属専任媒介契約を選びましょう。販売状況についても、最低週に1回は報告してもらえるため、不動産会社にも積極的に活動してもらえます。もし買い主を自分で見つけられた場合にも、契約した不動産会社に売買契約を取り持ってもらう必要があります。

PICK UP! -REINS(レインズ)とは?-

REINS(レインズ)とは、不動産流通機構(国土交通省指定機関)が取りまとめている全国の不動産情報を管理するコンピューターネットワークシステムです。全国を4つの地域に分け、それぞれの地域の不動産情報を登録したり閲覧したりできます。
【レインズ利用のメリット】

  • 不動産取引の全国規模のインフラである → 安全かつ公正な不動産取引の実現
  • 過去の取引事例が豊富に蓄積されている → 適正価格での不動産取引の実現
  • 膨大な数の不動産会社が注視している → スピーディーで円滑な不動産取引の実現

不動産売約で迷ったら「ひかるホーム」へご相談ください

不動産売約で迷ったら「ひかるホーム」へご相談ください

仲介売却では、3~6ヶ月ほどで売却が完了するケースが多くなりますが、1ヶ月で取引が完了するケースもあれば、1年経っても売れないというケースもあります。お客様の方で売却のリミットがある場合や、もっと早く現金化したいという場合には、「不動産買取」という手段もあります。

不動産売約で迷ったら「ひかるホーム」へご相談ください

不動産買取は、不動産会社が市価よりも安い値段で直接買い取る方法で、不動産の現金化に圧倒的なスピード感があります。当社では、できるだけ仲介売却をご提案しておりますが、お客様からのご要望があれば不動産買取が可能な不動産会社をご紹介することも可能です。

不動産売約で迷ったら「ひかるホーム」へご相談ください

不動産を手放す動機には、さまざまな事情があります。当社ではお客様のお話をじっくり丁寧にお聞きし、ベストと思われる方法をご提案します。横浜市・川崎市周辺で不動産を手放したい、現金化したいとお考えなら、ぜひ一度、港北区の「ひかるホーム」へご相談ください。遠方にお住まいの方からのご依頼にも対応可能ですので、遠慮なくお問い合わせください。